今年のおばちゃん

ケンシロウに「おまえはもう死んでいる」と言われても驚かない。
そうだね、たぶん。と納得しちゃう日々。

●まず、『おにいちゃん』(実はバツイチ)が再婚。
相手はひとまわり年下の子持ちバツイチ女性で、なおかつデキ婚。
さらに同居希望。
いきなり5歳の孫が出現したわけで
突然の再婚話に動揺した『おかあさん』が骨折するなど
昨年暮れから渡鬼並みの騒動を経て、4月めでたく挙式。

●ウチの会社が2回ほど倒産の危機。どーにか持ちこたえ現在に至る。

●会社の健康診断で、健康優良体自慢の私が
イキナリ「5(五段階評価の一番やばいタイプ)要精密検査」の診断結果。
父も癌、母も癌、祖父も癌、祖母も癌
(「愛の水中花」by 松坂慶子で歌ってみそ。ちょいなごむから)
倒産するか死ぬか、オール?オア、ナッシング~?!な限りなくブルーな状態で、
どーにかこーにか時間を作り、1日かけて初大腸内視鏡検査。
・・・あれって何?腸内洗浄?デトックス?そう思えば苦痛でもなく終わったよ。
腹ン中空にする時間に、かなり久しぶりに長編小説読めたし。
・・・結果、無問題!
c0021390_1934680.jpg
●やれやれ、ふ~。これですべて解決
・・・・と思ったところに4月末から娘が不登校になる。
「留年までのカウントダウン」が始まった中間考査の途中から
再び登校しはじめ、今日が2日目。

さて、あっという間におばちゃんの季節到来。
今年の大阪のおばちゃんは、さらにイキオイを増した。
なんか昔こんな柄のスーツを某野球監督夫人が着用してた気がする。
[PR]
by senriko | 2006-06-20 19:04
花のもとにて >>